ささえあいのまち創造基金

事務局 四日市市萱生町1200 四日市大学内9401室 ☎059-363-3539



防災一座

ささえあい基金を受けた事業(配分293,031円)
 震災以降、大きな被害を受けた女川町熊野神社との交流が続いてます。女川には伝統芸能として、獅子舞が継承されており、今回の「第50回大四日市祭り」での公演を考えています。この公演を通して、いろいろなメッセージを発信していただくことを考えています。
 文化交流・東北支援・東北から四日市市民へのメッセージ(東北の体験から学び今を知る)・三重の防災まちづくり(顔の見える関係づくりに取り組むこと)を目指しています。

学生レポーター紹介

 

団体の基本情報
 市民の防災力向上を図り、災害に強いまちづくりを実現するため、防災と災害救助をテーマにまちづくりに関する事業を行っています。

レポート

  第1回
★団体基本情報
目的:命の輪、地域のふれあいの輪を広げること
特徴:現在の東北地域の活動について、「支援」という一方通行の形から「交流」(=お互いさま)といったお互いにやり取りをしあえる形へと変化をさせている。
構成:
会員数 17名(男:7名 女:10名)基本的に各位の得意な部分を持ち寄って運営している。また、職種や年齢層に関してはとても幅が広いほか、会員と別に10名程度のボランティアもいる。
活動内容:

地域防災活動

 

防災教室

地域のイベントの一角で行う

企業の相談

防災計画

 

BCP(事業継続計画)活動

フィールドワーク

地質調査

ボランティア講座

 

募金

チャリティー活動

・その他:現在では一般的ともなっているAED講習やシミュレーション型訓練などを以前から先行して行なっていた。
今年度の活動:5    25日(土)26日(日)8月に基金の助成を受けて行うもののプレイベントとして菰野で物産展の予定
7    21日(日) 記念食事会(森の風、三重の輪主催)のサポート
27日(土)~30日(火)            福島の子どもたちを招待する活動(中央学童主催)サポート

★基金助成による事業

 

午前

午後

1日(木)

(女川町出発)

2日(金)

岡田文化財団表敬訪問

   歓迎レセプション

3日(土)

菰野町でイベント

   四日市祭り参加

4日(日)

四日市祭り参加

5日(月)

(休養日)

6日(火)

パーティー

三重県出発

 

★取材の感想など

今回の配分で受けた助成金がもっとも多いので、取材には積極的に応じると協力的でささえあい基金自体のPRにもつながるようにしていきたいとのことでした。

今回の取材には、代表の松野さんもおっしゃっているように積極的に応じていただけたこともあって企画への熱意が感じられるものとなりました。