ささえあいのまち創造基金

事務局 四日市市萱生町1200 四日市大学内9401室 ☎059-363-3539



虹の会

ささえあい基金を受けた事業の紹介(166,418円)
   障害がある人が地域の人と交流する場が少ないことから、
   八郷地区において、障害がある人と地域との交流活動をたくさん行う。
      流しそうめん、フリーマーケット、バス体験など。
学生レポーターの紹介
    007
   右 中田友紀乃 四日市大学総合政策学部4年生 松阪市 
        髪を結ったり人にネイルするなど、マメなことが好きです。
   中 仁木舞由子 四日市大学総合政策学部4年生 川越町
        ボランティア部 伊勢型紙愛好会 所属
        ボランティア部を立ち上げ、様々なボランティア活動をしてきました。
        特に子どもが大好きです!ゆるキャラの着ぐるみを着て子どもたちと遊んだろ、
        子どものためのイベントに多く参加しています。
   左 三島 彩 四日市大学総合政策学部 4年生 川越町
        ボランティア部所属
        記憶力が良いところが強みです。誕生日を覚えることが得意です!
団体の基本情報(詳細は、レポートに記載してあります)
 地域の行事を通じて、子どもたちの健康と生きがいづくりを考えている団体です。
レポート
5月16日(木)打ち合わせ
①   団体の目的
障がい者の家族を中心とした任意団体です。地域の方と交流しながら、楽しく暮らしていくことを目指し、おもに地域のなかで活動しています。また、普通では小学校で行う行事を虹の会でも行っているためイベントの内容が盛りだくさん!!
②   どのような活動をしているか
・活動内容「土曜スクール・農業体験・お店体験・日帰りバスツアーなど」
・活動頻度 月5~6回程度 全員参加ではない
・活動場所 やさと市民センター
③   どのような人々が会員か
  
[会員数]・・・28人 大人 12人(内 障がい者2人)
             高校生以上 3人(内 障がい児3人)
                                             中学生 5人 (内 障がい児2人)
                                              小学生 8人 (内 障がい児4人)

6月

1日(土)

土曜スクール 習字

4日(火)

交流会

15日(土)

土曜スクール 習字

18日(火)

定例会

23日(日)

日帰りバス旅行

30日(日)

作業訓練

日曜スクール

 

            [参加理由]・・・ 仲間づくりや会員以外の方との交流
④   団体の特徴・セールスポイント
       
「やさと地区にこだわっている!また小学校の子供たちにも参加を呼びかけ一緒に活動をしている!」
⑥    感想
虹の会さんの取材場所は、団体に所属しているお母さんの喫茶店で行いました。
店内には、虹の会のみなさんでつくった「おむつケーキ」がたくさん並べられていて見入ってしまいました。また、これまでの行事を写真にとってラミネートされている展示物などたくさん見せていただきました。クリスマスにはサンタの格好をしてプレゼントを配っている写真があり、とても楽しそうでした!また、取材中に出して頂いた喫茶店の紅茶がすごく美味しかったです♪

5月18日(土)取材~フリーマーケット
  
虹の会という団体とは、四日市にある八郷地区を中心に、障害を持っている方とそのご家族が集まって出来た団体です。
  私達は5月18日に虹の会さん主催のフリーマーケットに参加させて頂きました。そこでは小学生がお店を開いていたり、クッキー・ジャム・お花・洋服やゲームコーナーなど、13店舗が出店されていました。お花の販売をしていた小学生と仲良くなり、ゲームコーナーでぬいぐるみとキーホルダーを手に入れて喜んでいる姿を見ました。小さい頃の自分と重なる光景だったので、とても懐かしい気持ちになりました。    13時になると抽選会があり、フリーマーケットに来場した人全員が参加しました。皆ワクワク・ドキドキしているのが伝わってきました。抽選の景品はタマゴやどら焼き・ゴミ袋・漂白剤など生活に関わる物でした。
 フリーマーケットに参加させて頂いて、今回初めてお会いする方が多かったのですが皆さんが暖かく歓迎してくださりアットホームで、尚且つ元気で笑顔に包まれた団体だということを心から感じました。
 次回は6月23日にバス旅行が予定されているので、私達3人も参加させて頂きます。機会がないと出来ない体験ばかりなので、楽しみたいと思います。
   (写真多数)

6月23日(日)取材~日帰りバス旅行