ささえあいのまち創造基金

事務局 四日市市萱生町1200 四日市大学内9401室 ☎059-363-3539



⑯防災一座

防災一座(50,000円)

◎団体の基本情報
設立:2003年1月  会員:17人

活動の目的
市民の防災力向上を図り、災害に強いまつづくりを実現するため、防災と災害救援をテーマにまちづくりに関する事業を行い、もって社会全体の利益の増進に寄与することをも目的とします。

活動内容
①防災力の向上と防災まちづくりに関する事業
②県内外で災害が発生した際の災害救援活動並びに被災者の自立を支援する事業
③地域防災と災害救済に関わる調査研究及び人材の養成に関する事業
④ 防災と災害救援に関わる産官学民の協働に関する事業
⑤上の活動を通じた人材の連携強化に関する事業
⑥上の活動を通じた、子ども、青少年、教育、学術調査、フィールドワーク、地域安全、環境、文化、スポーツ、保健、福祉、栄作提言、中間支援などに関する事業
⑦その他、必要と思われる事業 

活動の独創性・工夫・特長
・防災クッキングなどを開発し、食を通じた防災教育や共産作りなどで2004年度防災教育チャレンジプラン防災教 育特別賞を受賞しました。
・AEDの解禁・普及に尽力し、災害時のアレルギー対応にも取り組んでいます。
・2011年3月からは東日本大震災の被災地支援活動に取り組み、2012年は支援活動をコーディネートしている メリノール女子学院聖歌隊が宮城県社協から表彰され、2013年は女川町の皆さんとの文化交流事業を実施するな ど、その独自性、意外性、先駆性のある活動には様々な評価をいただいています。
・地元中高生のボランティア団体、四日市United childrenのシニアアドバイザーをしています。
・ 代表者の活断層写真が2014年日本活断層学会カレンダーの3月の写真に採用されるなど、専門性と地域性を持 つ防災と災害救援のNPOをめざし、根拠のある防災に挑戦している。

◎基金助成による事業
交通費、宿泊費、備品代、事務用品や消耗品の購入など